『魔法のノート』  ~現実とは、単なる想いの投影です~

2015年1月 現実が創られる仕組みを攻略しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ようやく親離れ



どうもこんばんは~。

最近は、ライフラインチャートの効果が抜群で、隠れた自我を掘り起こしまくりです。

その中で、特に大きい気づきの 【母への観念】 を紹介したいと思います。






私は9才の時に父親がガンで亡くなったのですが、

これが幼少期で最大の母に対する怒りのトラウマでした。



その理由は、当時9才の幼い私に対して、母は父が末期ガンであることを、亡くなるまで隠していたのです。

父の様態に関して、母からは 「お父さんは大丈夫」 と教わっていたのです。

つまり、父が亡くなってから初めて 「お父さん死んじゃった…」 と俺に伝えてきたのです。

なので、母から父の死を聞いた時、物凄いショックだったのを覚えています。


 「そんな、、、大丈夫って言ってたのに・・・ なんでだよ… 」 と…。




そして、もうひとつ、更に追い打ちを掛ける大ショックが起こりました。

それは、父の葬儀が一段落して、学校に登校したとき、友人から出た一言、

「君のお父さん、ガンで死んだんでしょ?」 によって、父の死因を初めて知ったのです。



もうね、

「えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」って

心の中で叫びましたよ。。。


だって、父の死因を身内で息子の俺が知らなくて、他人の友人が知っていたのですから…。



この時の大ショックが、大きな怒へ変わり、母に対して芽生えたのです。


 「ふざけんなよっ!!!!!!!!!!!!!!」

 「なんでそんな大事なこと今まで黙ってたんだよっ!!!」

 「俺が子供だからって、いくら何でも馬鹿にしすぎだろっ!!!」

 「子供とはいえ、俺だってひとりの人間なんだぞ!!!」

 「ベットに寝てる親父に呼ばれたとき、怖くて逃げ出したけど、
      アレが親父の最後の言葉だったんじゃねぇか!!!」

 「お前が親父の死期を黙っていたせいで、最後の言葉を聞き逃したんだぞ!!!」

 「しかも、友達の方が親父の死因に詳しいなんて… どういうことだよ!!!」

 「こんな大事な事を嘘ついていたのは、俺を人間として見てないんだろう!!!」

 「俺はお前のペット扱いかよ!!! クソが!!!!!!!!!!!!」



そして、この時の潜在的な怒りが、母に対して、つい最近まで向けられていたのです。





父が亡くなって、約23年。

俺が母から 『ひとりの人間』 として扱って貰えなかった理由に、やっと辿り着きました。

勿論、母に対する、『俺の心』 が原因でした。



その観念は、

俺が今の今まで、母親のことを 『ひとりの人間』 として扱っていなかったのです…。



この観念に気が付くまで俺は、母親のことを 「便利なお手伝いさん」として見ていたのです…。


インナーチャイルドに向き合って、ようやくこの答えに辿り着きました。


生まれてから今まで、俺は母に甘えていたんです…。


 母は、何でも言うことを聞いてくれる…。

 母は、出来の良い姉より、出来の悪い俺を圧倒的に愛している…。

 母は、俺が本当に困ったときは、必ず助けてくれる…。




俺は、自分が母に甘えていることに、蓋をして隠していたんです。

母に甘えていた隠れた自分を引きずり出して、正面から向き合うことが出来ました。



という訳で、お恥ずかしいですが33歳を目前にして、

ようやく親離れが出来ました。ヽ(´-`)ノ



そういえば、憎かった母に対して、

・ダメ人間になって母を困らせてやる
・無能になって母を困らせてやる
・一生独身で母を困らしてやる
・結婚を失敗して母を困らせてやる
・不幸になって母を困らしてやる
・母より先に死んで母を困らせてやる ←(あぶねっww)

という、自虐によって母を困らせるという、高度な自我君が居ましたな~。

これを見つけた時は、自我の恐るべき巧妙さに驚きました。




次回予告:親離れが出来たら、本当にやりたい事が見つかった!!!


スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

内なる自分に向き合う

先月の後半から職安にて、就職支援をマンツーマンで受けています。

その中で、自己分析手段の「ライフラインチャート」なるものを教わりました。

ライフラインチャートとは、生まれてから現在までの出来事で、楽しかった時期や辛かった時期をグラフで表し、自己分析を行います。


詳しくはこちらを参照下さい
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4SUNA_jaJP317JP317&q=%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%88



自分が行った感想としては…、

これがなかなか楽しいのです!


自我分析に大いに役立つと思いますので、オススメします♪




【私的ライフラインチャートまとめ】

・小学校から成人までの期間に、自分がやったことは自分に返ってくるという「因果応報」の、
 特に悪い部分を散々体験した。

・成人以降は因果応報を恐れ、保守的感情が強まり、やがて現実逃避に走る。
 (嫌な思いをするなら、最初から事を起こさない方が良い。という考えになり、ネット中心の生活になる。)

・事を起こすにしても、安全確実である方法を模索する。未来への不安が強まる。
 (不安、リスクを感じたならば手を出さない。常に安定を望む。)

・次第に安定を強く追い求めるようになり、気が付いたら本当の自分を見失っていた。
 (自分の人生なのに、自分で自分が何をしたいのかサッパリ解らなくなる。)

・絶対的な安心を神仏信仰に見つける。しかし、活動を頑張れば頑張るほど、心が慟哭する。
 (やっと見つけた筈の生き甲斐なのに、何か変だぞ…??)

・人生上昇塾に出会う。
 (これだ!俺が探した道はこれだ! …しかし暫くすると、また違和感が…。)

・絵に描いた富士を、登ったつもりになっていた事に気が付く。
 (呪縛から解放された “つもり” になっていた事に気が付き、全否定の旅に出る。)

・浄化の種蒔きの結果、最近ようやく芽が出てきた。
 (内観が深くなる。 結果、敵将! 討ち取ったりっ!!!)





~ 因果応報も観念 ~

過去を振り返ると、悪事は自覚の上で行っていた。 (悪いと認識しつつも行ってしまった。)

だが所詮、悪も幻想。

自分が悪と定めたモノが悪であり、同時に、自分が善と定めたモノの相対が悪になる。

つまり因果応報を断ち切るには、自分が定めた善と悪の両方を手放すこと。

『自分の中の善悪を手放したとき、因果応報から解放される。』

…と、私の自我が申す。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

瞑想始めました。

最近、浄化仲間から、

「しあわせ浄化生活」 著者 宝彩有菜

という面白い本を紹介して頂きました。



簡単に説明すると、人生の望みをブロックする心の汚れ(想念=思い込み)を、
瞑想することによって浄化して、『本当の自分』に還る(悟りを体現する)という内容です。

心の汚れ=観念(自我)が形成されるメカニズムが、解りやすく示されています。
(本の中では観念や自我という表現はしていません。)



一通り読みましたが、なかなか面白い内容でした。


特に面白かった内容は、

『心は汚れやすいので、いつも浄化しておくことが必要』ということでした。

そうなんですね、心って、「一回磨いたら終わり」ではないんですね!

心も部屋と同じで、綺麗を維持するためには、定期的な掃除が必要なんですね。

これが所謂 『悟を開いてからが本当の始まり』 という言葉を意味しているのだと思います。

悟りの状態を保ち続けるには、悟りを開くまでの道のりより、更に険しいという意味です。



そんな訳で自身の心の浄化具合を確認するには…

ご自身の身の回りを確認するのが一番解りますね…。



因みに俺の部屋は…、綺麗ですよww (本当)



という訳で、私も瞑想を始めました。

浄化ワークと併用で進めて行きたいと思います。

瞑想で変化を感じたら、また報告します。


未分類 | コメント:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。