『魔法のノート』  ~現実とは、単なる想いの投影です~

2015年1月 現実が創られる仕組みを攻略しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

夢診断による、潜在観念 ~父と息子の物語~

こんな夢を見た。

あるところに、数多くの功績と沢山の徳を積んだ男と、その男の息子が『真理の峰』を目指す旅をしていました。

息子は、父親のことをとても尊敬していましたが、ある時に、自分の考え方と父親の考え方が違うことに気が付き、それ以来、父親に対して大きな違和感を抱くようになりました。

しかし、“数多くの功績と沢山の徳を積んだ父親の言うことには間違いない筈だ!”と、
自分の『心の声』を押し殺し、我慢しながら父親と旅を共にしていました。

やがて息子は、父親の考え方の違いに耐えられなくなり、父親の元を離れ、自分の信じる道で『真理の峰』を目指しました。


それから数年が経ち・・・


父親が船旅の道中で、疲れ果てた一人の男をみつけました。

その男は、旅の途中で別れた、自分の息子でした。

父親は、疲れ果てた息子を、優しく抱きしめてやりました・・・



息子の視点から見つけた潜在観念、それは・・・

『やっぱり○○先生の言う通りに従うべきだった。』

という自己否定の観念。。。

いや~、恐ろしいオーダーを出していることに早く気付いて良かったですわw

はいっ 浄化♪  浄化♪




もうひとつ、父親の視点から出てくる・・・

『お世話をするほうの 改心』

という合わせ鏡の観念。

つまり、この父親は、息子を世話していると思っていましたが・・・
実は、息子に真実を教えられていたのです。

疲れ果てた息子に見えていたのは、本当の自分だったのですねぇ・・・
長い時間をかけ、本当の自分に出会い、本当の自分を抱きしめた。。

上記の父親の観点は、Hさんの感想を頂戴しました。

スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。